実用英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)技能検定は1級から5級まであり、当然ながらレベルによって概要も違ってきます。 【1級】大学上級レベル ◆一次試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです) 筆記(マークシート(塗りつぶす箇所を間違えると、大変なことになってしまいます))100分・リスニング(語学を学ぶ上では絶対に欠かせない、最初のステップともいえるでしょう)三十分 ◆二次試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです) 質疑応答(スピーキング)10分 【準1級】大学中級レベル ◆一次試験(ある程度のヤマを張ることも時には必要かもしれません) 筆記(マークシート(塗りつぶす箇所を間違えると、大変なことになってしまいます))90分・リスニング(専用の教材が売られているほど、近頃では一般的になってきていますね)25分 ◆二次試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです) 質疑応答(スピーキング)8分 【2級】高校卒業レベル ◆一次試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは) 筆記(マークシート(記述式に比べると、まぐれ当たりで正解できる可能性もなくはありません))75分・リスニング(語学試験や大学入試などで、外国語の音声を聞き、理解する能力を測るテストをいいます)二十五分 ◆二次試験 質疑受け答え(スピーキング)7分 【準2級】高校中級レベル ◆一次試験 筆記(マークシート)6五分・リスニング(緊張していると普段なら聞き取れたこともできなかったりします)25分 ◆二次試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです) 質疑応答(スピーキング)6分 【三級】中学卒業レベル ◆一次試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです) 筆記(マークシート(塗りつぶす箇所を間違えると、大変なことになってしまいます))40分・リスニング(語学試験や大学入試などで、外国語の音声を聞き、理解する能力を測るテストをいいます)25分 ◆二次試験(一夜漬けをしたという人も多いのでは) 質疑受け答え(スピーキング)5分 【4級】中学中級レベル ◆一次試験(全然やっていないという人に限ってこっそりやっているものです) 筆記(マークシート(特定の領域を塗りつぶすことで、機械による集計が可能な帳票です))35分・リスニング(近年では、母国語である日本語のリスニングテストを高校入試の際に取り入れている自治体もあるのだとか)25分 【5級】中学初級レベル ◆一次試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです) 筆記(マークシート(特定の領域を塗りつぶすことで、機械による集計が可能な帳票です))25分・リスニング(緊張していると普段なら聞き取れたこともできなかったりします)20分 中学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)や高校生がうける場合には、特に大きな対策も必要なく、準二級レベルの試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)なら、日頃の授業に支障がなければ、まず問題ないと言えると思います。対策が必要になりますからくるのは、やはり2級以上の試験(時々、全然問題が解けなくて焦る夢をみることがあります)と言われているものです。特に、1級の取得はたいへん困難だと言えます。中には、専門の英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)教室(掃除当番がやたらと面倒だったものです)に通って対策を行う方もいるようなのですが、独学(通信教育や家庭教師、短期講習などを上手に利用した方が効率が良くなる場合もあります)で勉強する人も多くいます。英検取得用の専用書籍や問題集(どれを買っても同じと思いがちですが、割と良し悪しがあるものなので、きちんとレビューなどを調べましょう)なども売られているため、そのようなものを利用する方も多いのです。それに、スピーキング力とリスニング(緊張していると普段なら聞き取れたこともできなかったりします)力のためには、英会話(英語でする会話のことですね)教室(懐かしいと感じる人もいれね、嫌な思い出しかないという人もいるかもしれません)や留学など、直接英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)にふれる機会が必要となるでしょうー